ビジネスで成功する手順、脳の構造をツムツムで例えてみる

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

まずツムツムはこんなゲームです。

 

 

上からツムが落ちてきて

同じツムの連鎖を指でなぞり、そして消していく。

 

こんなゲームなのですけど
これを脳に置き換えてみましょう。

 

◇ツムツムを脳に例えてみる

 

ツムの一つひとつが
脳に刻まれる[点]とイメージしましょう。

 

[点]はインプットすることで
積まれていきますけど

 

その積まれるスペースって
実は決まっていて

 

(ツムツムにも積まれるスペースありますよね)

 

それを超えると
[点]が積めない・・・

 

そんな状況になります。

 

では、どうするのかというと
スペースを広げる作業をします。

 

その方向性は2つあって
--------------------------
1.スペース自体を広げる
2.スパークさせる
--------------------------
です。

 

1のケースを例えると
パソコンの保存容量を増やすために
外付けのハードディスクを買う。

 

こんなイメージです。

 

まぁ、もうアレですね。
ノウハウコレクターチックな動きですね。

 

溜め込むばかりですので・・・
あまりオススメしません。

 

(でも1と2を組み合わせると最強です)
(ノウハウコレクターがスパークすると最強)

 

では、後者の2のケース[スパーク]ですけど

 

これをツムツムで例えると
点と点を指でなぞって線にして
消していくじゃないですか。

 

これがスパークです。

スパークするとスペースが生まれます。

 

で、そこに新たな[点]をつみ
ゲームは継続していきます。

 

これと同じことが
あなたの脳にも起きます。

 

ツムツムでは指でなぞることで
スパークを起こしますけど

 

--------------------------
では現実では
どうすればスパークするのでしょうか?
--------------------------

 

・・・それは

アウトプットです。

 

では、アウトプットとはなんぞ??
ってなりますよね。

 

アウトプットの僕の定義は

--------------------------
作業しコンテンツ化する
--------------------------

若しくは

--------------------------
コンテンツ化し作業する
--------------------------

です。

 

全体構成をまとめると

1.インプットして[点]を脳に刻む
2.作業する or コンテンツ化する
3.コンテンツ化する or 作業する

となります。

 

※コンテンツ化といっても
気づいたことを書き留めたり
音声メモで残したりという程度で大丈夫です。

 

TMC全体を通しての
中心となるコンセプトの一つがコレで

 

この[1~3]を通して
HDCAサイクルをまわしていくことで
成果をあげていきます。

 

この小手先ではない成功法則
成功する思考をお伝えしているのが
TMC(YSP)なのです。

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク