ユーチューブ動画の視聴者は行動を促さないと行動しない。

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

本日は「視聴者は行動を促さないと行動しない。」というテーマでお話しします。
 
 

ユーチューブクリエーターハンドブック
を、引き続き解説していきますね。
 
 

[行動を促すフレーズ]という項目を確認してみましょう。
 
 

==(引用)======================
 
 

コンテンツ クリエイターの成功は視聴者の反応にかかっていますが
大半の視聴者は呼びかけない限り行動しません。
 
 

動画には、具体的な「行動を促すフレーズ」が必要です。
 
 

行動を促すフレーズは最小限かつシンプルなものにします。
 

あまりに多くのフレーズを投げかけると混乱のもとになります。
 

できるだけ簡単に視聴者が行動を起こせるようにします。
 
 

==(ここまで)======================
 
 

この中では
 
 

「大半の視聴者は呼びかけない限り行動しません」

ここ重要です。
 
 

視聴者はユーチューブの機能に精通しておらず
動画を見れればいいんですね。
 
 

ですので
 
 

・チェンネル登録して!と言わないと行動しません。
 

・動画の高評価を呼びかけないと行動しません。
 

・動画を共有して欲しいと言わないと行動しません。
 
 

ということです。
 
 

(注)直接的な表現は規約に抵触する可能性あります。
 
 

トップユーチューバーの動画を参考に間接的に表現しましょう。

 
 

ただし、あまりにも多くのことを求めすぎると
視聴者は行動ができなくなります。
 
 

ですから、簡潔に、して欲しい行動を
理解できるように伝える工夫が必要です。
 
 

ここで参考になるものを紹介します。
 
 

■ユニバーサルデザイン
https://www.adobe.com/jp/joc/pscs4/showcase/vol02/tips/
 
 

看板とか標識とかあるじゃないですか。
 
 

アレですね。
 
 

-----------------------

一目見ただけて、いろんな情報を伝えるデザイン

-----------------------
 
 

これを考えることで
視聴者が混乱することなく行動を促せるようになります。

 
 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク