あらゆる視聴者を対象にしよう

目安時間:約 3分
  • 人気ブログランキング

本日は「あらゆる視聴者を対象にしよう」というテーマでお話しします。

 

ユーチューブクリエーターハンドブックの

[あらゆる視聴者を対象にする]の項目を確認してみましょう。

 

==(引用)======================

 

YouTube はグローバルなプラットフォームであり、世界各地から視聴者が訪れます。

さらに手を加えて、耳が不自由な人や外国人など、

より幅広い視聴者に見てもらえるようにしましょう。

 

==(ここまで)======================

 

となります。

 

ユーチューブの日本でのユーザーは公表されていませんが

4000万人ほどだと言われています。

(参照元:SMM lab)

 

これに対して

全世界はというと10億人以上なんですね。

 

ですので

 

日本だけをターゲットにしていては勿体無いのです。

少なくとも英語圏はターゲットにしたいところです。

 

ただし、わたしの教材の購入者や私自身のこれまでの傾向として

最初から海外狙いでは再生数が伸びないことが多いです。

 

まずは日本を攻略。

そして海外を意識する。

 

この順番の方が成功する確率が高くなります。

 

ユーチューブ市場調査していくと

最初から海外狙いでいって成功しているチャンネルはあります。

 

ありますけども、、、

多くはないかなと思ってますので

ターゲットの順番はしっかりと意識していった方がいいでしょうね。

 

そんな私も海外にいよいよ本格的に挑戦します。

その実践記を本ブログで公開中ですので

 

カテゴリ[YouTube海外攻略で稼ぐ実践記]は

要チェックや!!

 

なぜか彦一w

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク