YouTubeアドセンス収入が二次曲線を描くのは何故?

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

僕のYouTubeに関する渾身の教材である
1000万再生Club(TMC)の募集をしたのは
昨年の10-11月だったのですけど

 

そこから8ヶ月が経過し
毎週のように成果報告を頂けるようになってきました。嬉

 

やはり僕のYouTubeアドセンスノウハウは

継続作業することで二次曲線を描くように

上昇していく可能性が高まります。

 

募集時のレターにも記載していたように
継続が大事で、継続できない方の参加はNGとしてましたが

 

実際に継続されている方が多く
嬉しい限りです。

 

で、その成果報告を頂く中で
共通している部分がありますので
今日はそのシェアをしていこうと思います。

 

これが二次曲線を描く

ベースをつくる土台でもあります。

 

それは、、
-----------------
動画の質を意識して
動画の数を上げる。
-----------------
です。

 

TMCの講義の中に

「動画の質一点突破主義」

という講義があり

 

ユーチューバーが人気になる過程から
YouTubeアルゴリズムを解明した自信のCONTENTSでして

 

「コレそのままだなぁ・・」

 

と思って嬉しく成果報告を読ませて頂いています。

 

で、ここで気になるのが
動画の質ってことですけど

 

何も撮影機材を揃えて
撮影&編集技術を磨いていきましょう

という事ではないです。

 

そこは要素としてはありますけど
本質ではなくて

 

やはり視聴者のことを考えることが
動画の質に繋がります。

 

YouTubeにとっての動画の質とは
視聴時間が1秒でも長いことです。

 

いくら4K画質で撮影し
見た目の良さがあったとしても

 

視聴されなければ
YouTubeにとって全然嬉しくありません。

 

DE・SU・YO・NE!

 

1秒でも長く視聴されるというベースがあって
そこにオンされる形で、編集技術とかが身につけば最強です。

 

この順番ですね。

 

好景気だからインフレになるのであって
インフレにしたら好景気にならないのと一緒ですw

 

で、ここでもう一つ重要になってくるのが
視聴維持率です。

 

ただ単に収録時間の長い動画を公開すれば
単純ですけど視聴時間は伸びます。

 

でも、視聴維持率は劇的に下がります、苦笑

 

途中で離脱したくなる動画ばかりであると
視聴者の印象として

 

「YouTube=つまらない」

 

に、なりかねません。

 

こうなるとYouTubeは古いMEDIAになり

・ニコニコ動画
・Facebook動画
・Twitter動画

などの新興の動画MEDIAに人が流れる可能性が出てきます。

 

なので、あなたの意識の中に
視聴維持率も上げるってことを持ちつつ
1秒でも長く視聴される動画を創り続けましょう。

 

それがユーチューバーとしての
成功のルートです。

 

今日も地道に継続されており
ここから更に飛躍するのが楽しみなTMC生からの
成果報告です。

 

----(ここから)----------------------

 

mさん

 

最近、最初に作ったチャンネルの1日の再生数が
やっと1000を超えるようになってきました。

 

最初に作ったチャンネルは動画数も250を超え
いろいろなまとめサイトなどでも紹介してもらっているようです。

 

動画数が200超えると再生数が伸びるような気がします。

 

2つめに作ったチャンネルは、動画数が80で
再生数は全然ダメです。

 

でも、最初に作ったチャンネルも同じよう
最初は全然ダメでしたから気になりません。

 

----(ここまで)----------------------

 

>いろいろなまとめサイトなどでも紹介

 

一本々々を丁寧につくったからこそ
人が紹介したくなる動画になっているのでしょうね。

 

このまま継続して
視聴者さんが楽しみな動画を提供していってください。

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク