ユーチューブコミュニティーガイドライン

目安時間:約 6分
  • 人気ブログランキング

(2015年6月のメルマガ記事をシェアします)

 

テキスト系の動画で、ユーチューブチャンネル運営しているなら

本日のテーマとなっている分野は、少なくとも目にはしていると思います。

 

実際にやっている方も
多いのではないでしょうか。

 

============================

youtubeコミュニティガイドライン

============================

の中に[不快なコンテンツ]という項目があり

 

ここから抜粋すると
このような記載があります。

 

+-------------------------+

差別的な発言と見なされるかどうかは
紙一重で決まります。

 

たとえば、

一般的に民族国家を批判することは
許容範囲であっても、

 

民族に基づいて
特定の集団に関する悪意のある
差別的なコメントを投稿することは

認められません。

+-------------------------+

 

とあります。

 

国家を批判することは許容範囲だけど、
民族に基づいた特定の集団に対する
差別はNGです。

 

============================

微妙なライン

============================

 

これはユーチューブの裁量次第で、
OKにもNGにもなり得る印象があります。

 

明確に線引きされているようで、
境界は曖昧なイメージじゃないですか?

 

ということは、現状の[〇韓チャンネル]は、
許容されているかもしれませんが、

将来的にNGになるという可能性もあります。

 

============================

ユーチューブはメディア

============================

 

ユーチューブはテレビと同等の
影響力を持つメディアに成長してきています。

 

マスメディアといっても
過言ではない状況です。

 

そういった影響力のあるメディアになればなるほど、
今まで以上の規制が入る可能性が高まります。

 

さらに言うと

 

メディアの運営者として、あなた自身が何の思い入れもない情報を
コピペして大量に垂れ流すのが、果たしていいのかどうか。

これは考えておきたいところです。

 

しかも、そのネタ元の記事が原因で、
チャンネル凍結もあり得るのは、
上で見てきたとおりです。

 

ということで

============================

コピペでいいの?

============================

 

コピペは楽でしょうけど
より大きな視点で見ると頭弱男くんすぎやしないかと思うのです。

 

コピペ動画がユーチューブ側で
規制される可能性の話しは
これまでもしてきていますよね。

 

でも、さらに別の視点、切り口からも、
チャンネル凍結の可能性を、考えていかなければいけないのです。

 

ということで、

============================

オリジナル系テキスト動画

============================

へ移行すべき時代です。

 

 

┏┓
┗■ 編集後記
└─────────────────

 

本日は[〇韓チャンネル]を考察しましたけど、
これから先はアジアの時代です。

 

中国や韓国、そして東南アジア
旺盛な成長力があります。

 

この流れに乗っかって、中国輸入で稼ぐ個人が
大量に出現してきていたりもします。

 

ユーチューブもそうですけど、
時流に乗っかるのが稼ぎやすさの肝だったりします。

 

1980年代の日本においても、
何をやっても上手くいく時代がありました。

それが今、アジアで出現しています。

 

であれば、アジア人同士戦わず、
アジアの中で生きていく。

 

こう考えるのが商売人の基本。

 

平和であればこそ、
一般の民衆も稼ぐことができます。

 

平和が一番ですし、今の平和を息子の時代にも、
引き継いでいきたいものですね。

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク