視聴者の心をつかむには最初の●秒が大事

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

クリエーターハンドブックというPDFが

ユーチューブから以前公開されていまして

 

その内容から引用し

わたしの見解を添えていきたいと思います。

 

 

=(引用)======================

視聴者の心をつかむ

 

多くの視聴者は、動画の再生を続けるどうかを最初の数秒で決めます。

早い段階で視聴者の心をつかみ、その後も注意を逸らせないようにします。

 

・最初の映像を魅力的なものにします。

・すぐに視聴者に語りかけます。

・どのような内容の動画かを冒頭で視聴者に伝えます。

・視聴者の好奇心を刺激します。

・質問を投げかけます。

・冒頭部分を動画の「予告編」として使います。

・よほどすばらしいものでない限り、ブランディングの表示は 5 秒以内にとどめます。

 

=(ここまで)======================

 

視聴者の心をつかむには最初の数秒が大事なんです。

 

このことを肌で感じるためにも

あなた自身の、実際のリアルなデータで確認してみましょう。

 

確認の仕方はこうです。

 

「動画の管理」の「動画」の項目を選ぶと

あなたが投稿した動画の一覧がズラーっと並んでいると思います。

 

 

どれか一つの動画の再生数や

Good、Badの数字が並んでいるところにマウスを持っていってください。

 

そうすると

「統計情報を見る」というのが出てきますのでクリックします。

 

そして

アナリティクスの「視聴維持率」をクリックすると、、、

秒数単位に視聴の変化をグラフ化して確認できます。

 

このグラフを複数の動画で確認してみましょう。

 

最初の数秒でガクンと落ち込んでいる動画とか

そこを乗り越えて視聴維持出来ている動画とか

いろいろな動画の視聴率を確認できます。

 

動画とグラフを対で確認することで

どのような内容が視聴者を惹きつけていて

どのような内容だと離脱するのか仮説を立てることができます。

 

この過程で得た仮説に加え

ユーチューブが良い事例として紹介している

 

================

・最初の映像を魅力的なものにします。

・すぐに視聴者に語りかけます。

・どのような内容の動画かを冒頭で視聴者に伝えます。

・視聴者の好奇心を刺激します。

・質問を投げかけます。

・冒頭部分を動画の「予告編」として使います。

・よほどすばらしいものでない限り、ブランディングの表示は 5 秒以内にとどめます。

================

 

これらを取り入れてみて

取り入れた動画のグラフもチェックしていきます。

 

動画を投稿する ⇒ 視聴維持率チェック ⇒ 改善策 ⇒ 動画を投稿する ⇒ ・・・

この繰り返しで動画の質を高めていけます。

地道ですけど。笑

 

それが一番の近道だと思っていますよ!

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク