タイトル、説明欄、タグ(メタデータ)の最適化

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

本日は「タイトル、説明欄、タグ(メタデータ)の最適化」というテーマでお話しします。

 

ユーチューブクリエーターハンドブックを

引き続き解説していきますね。

 

[メタデータ]の項目を確認してみましょう。

 

==(引用)======================

 

YouTube ではメタデータを使ってコンテンツがインデックス登録される。

メタデータは検索や関連動画からの再生回数獲得に重要な要素となる。

 

==(ここまで)======================

 

具体的に、メタデータの最適化について

もう少し見ていきましょう。

 

==(引用)======================

 

YouTube は世界第 2 位の検索エンジンであることをご存じでしたか?

 

コンテンツを適切にインデックス化し

YouTube 全体で見つけやすくするために

 

強力なタイトル、説明、およびタグを使用して

メタデータを最適化しましょう。

 

==(ここまで)======================

 

タイトル、説明、タグの3項目を使って

キーワードをキチンと設定するということです。

 

ユーチューブは動画の内容を解析して

どのキーワードで出すのかを決めている訳ではない

ということを言っています。

 

タイトル、説明、タグに設定したキーワードを使って

インデックスしていくんですね。

 

で、ですね。

 

いったんそのキーワードで検索結果に出して

その後の動きをチェックしているのだと思います。

 

適切なキーワードを設定していない場合は

そのキーワードで、いったんは検索結果に出しても

 

・クリックされない

・視聴されてもすぐに閉じられる

 

という現象がおこるはずです。

 

このような現象が起きた動画は圏外に飛ばされてしまうため

再生数が伸びることはありません。

 

ということで、

メタデータの最適化は、ここまで考えて設定していく必要があります。

 

つまり「タイトル、説明、タグ」の設定方法で

その動画の再生数に影響があるということになります。

 

必ず意識して設定していきましょう。

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク