CONTENTSとは

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

CONTENTSのことを考える前に定義を

確認しておきましょう。

 

============================

ウィキペディアより

============================

 

現在のような意味で「コンテンツ」という言葉が使われ始めたのは、

1990年前後のCD-ROM普及に始まり、
90年代前半の情報スーパーハイウェイ構想によって加速したいわゆる

 

「マルチメディアブーム」の末期
「Win95ブーム」や
「インターネットブーム」の初期頃である。

 

1990年代後半頃から21世紀初頭のいわゆる「ITブーム」の頃から

コンピュータプログラムを指すことが多い
「ソフトウェア」と区別するためか著作物というニュアンスで
コンテンツという言葉が広く使われるようになった。

 

(引用ここまで)

 

============================

難しいですね。苦笑

============================

 

[著作物というニュアンス]という表現もあることから

CONTENTSという言葉自体、それほどカチっとした定義がないようです。

 

一般的には

CDやDVDなどや、本、雑誌など。

 

あとはテレビ番組などでしょうか。

そんなイメージあると思いますが

 

僕の定義は

 

・ブログ記事
・サイト記事
・ツイッター投稿
・フェースブック投稿
・ユーチューブ動画

 

など、コピペを除く

============================

全てがCONTENTSです。

============================

 

発信者の思想・思考が含まれたものが
CONTENTSということです。

 

ということは、このメルマガも
僕のCONTENTSです。

 

そういう広範な部類が
CONTENTSになってきます。

 

例えば

>ツイッター投稿

コレは違和感あるかもですが

 

あの短い文章の中であっても

多彩な表現が可能です。

 

俳句や短歌を思い浮かべれば
納得いただけると思いますが

 

俳句であれば五七五
短歌であれば五七五七七

 

と、これだけ短い中にも
あれだけ深い表現が可能です。

 

あなた自身が
インターネット上に投稿するもの
これが全てあなたのCONTENTSです。

 

あなたの思考や発想が入っています。

 

まぁ、コピペであっても、

ある意味、そういう思考や発想が
入っていると言えますけどね。

 

でも

============================

コピペはコンテンツではない

============================

 

ここだけは確実に
お伝えできるところです。

 

ということで、今日これから先

あなた自身が、インターネット上に投稿するもの
これが全てあなたのCONTENTSだ!

 

という意識を持ち

あなたの思考や発想を入れ込んでいきましょう。

 

で、ですね。

 

今まさに、CONTENTS量産中です。

 

7月いっぱい位までは、撮り貯められたので、

今日明日のところで、あと10本くらい撮影したいですね。

 

3連休が明けると、もう来週は

小学校から午前中で、息子が帰ってくるので。

 

あと、一週間は、貯動画に邁進します!

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク