CONTENTSの種類

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

前回は、コピペはコンテンツではなく、

あなた自身の思考が入った上でインターネット上に投稿するもの
これが全てあなたのCONTENTSです。

 

とお伝えしました。

 

Twitterへの投稿であろうと
CONTENTSです。

 

今回お伝えするのは

============================

CONTENTSの種類

============================

です。

 

具体的には
・テキスト
・音声
・動画

この3形態があります。

 

例えば、テキストでいうと、メルマガもそうですし
テキストファイルのようなベタ打ちもあれば

 

PDFに変換して装飾したものなど

様々な形態のCONTENTSがあります。

 

ネット上を見渡しても

・ブログ
・ランディングページ
・セールスレター

など、いろいろですね。

 

============================

YouTubeでいうと

============================

 

テキストをスライドさせて動画にしたり
そこに音声を入れたり

 

実際に動画を撮影したものや
そこにテロップを入れたり

 

こんな感じで

・テキスト
・音声
・動画

を複合させることで、様々な形態の動画がつくられています。

 

============================

コミュニケーション

============================

 

インターネットの本質はコミュニケーションです。

 

相手の顔が見えないので
忘れがちですけど

ここが本質です。

 

============================

ITではなくICT

============================

 

日本ではITの方が定着していますが

世界的にいうとICTの方が主流です。
ICT=Information and Communication Technology
Communicationが入っていますよね。

 

日本では[Communication]を省いたITという表記のため
誤解されがちですけど、インターネットは
コミュニケーションの手段です。

 

============================

相手に伝わるかどうか

============================

が、重要であり

 

そのためにも

・テキスト
・音声
・動画

を、状況に合わせて、どう組み合わせるのか?

こういう発想が出てきます。

 

この発想を持つことで
あらゆるバリエーションのCONTENTSを
生み出せるようになります。

 

例えば、音声といっても

・機械の音声
・男の肉声
・女の肉声
・肉声であっても個性が違う
・抑揚のつけ方によっても違う
・テンポは?
・音楽を入れるとどうなるか?

など、考えるところが、ヤバイくらい広がります。

 

これがオリジナリティ
あなたらしい表現を発想する第一歩にもなりえます。

 

しっかりと思考して
CONTENTSに落とし込んでいきましょう。

 

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク