Personal Media運営にはコンテンツによるセルフブランディングが重要

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

Personal Media という複合メディアを運営する主体として

ここ最近、コンテンツについて考えることが多くなっています。

 

コンテンツに意味を持たせるとか

そういう方向での思考です。

 

そのベースとして、コンテンツの定義を一度確認してみたところ

 

================================

 

コンテンツ(英: media content)とは、「中身」のこと。

英語の関連語彙としては、コンテナ(wiktionary:container)の中身が

コンテントcontentである。

 

デジタル‐、映像‐、商業‐、素人‐、などといった複合語がある。

 

いわゆる「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのことで、

それらの内容である著作物を指すことも多い。

 

==(ウィキペディアより引用)==============

 

こんな感じで書かれています。

 

例えば、Personal Mediaの中で

僕が書いているメルマガも

 

「メディア」の中身の文字列にあたりますので

コンテンツに含まれます。

 

たまに音声も配信してますけど

それもコンテンツですね。

 

わたしが作る教材もコンテンツだし

フロントラインマーケティングのセミナー動画もコンテンツ

ってことですよね。

 

では

 

これらのコンテンツを受け取って「あなた」が感じることって何でしょうか?

 

………

 

……

 

 

そう、わたし自身の「思考」ですよね。

 

 

僕がどんなことを考え

そしてどんな活動をしているのか?

 

これを感じて頂いているんだと思います。

 

ということは

この日々コンテンツ化しあなたにお届けする活動って

自分という人間を知ってもらうことでもあります。

 

コンテンツによるブランディング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

一個、一個のコンテンツを点として考えると、、、

 

この前お伝えした

点を線に、線を面に、さらに3Dに

って時間軸で考えることは

 

自己ブランディングにも応用できる思考だなと気づけましたね。

ここに気づいて、けっこうビビってます。

 

 

YouTube Start Packをプレゼント!

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ
タグ
ブックマーク